NOW LOADING
高山ミートセンター

高山ミートセンター

徹底した衛生管理、培われた高い技術。
世界トップクラスのミートセンター。

優れた素材の鮮度と安全を守りぬく。
食肉文化先進地のシステムを導入。

高山ミートセンターの設備は、食肉文化の先進地であるヨーロッパの処理システムを導入しています。徹底した衛生管理のもと、南州農場の生産した素材のおいしさや鮮度、すべての品質を保つ食肉生産を実現しました。アジアをはじめ、世界各地より食肉処理事業者が視察に訪れています。

高山ミートセンターの品質を保つ設備

日本初のHACCP取得後、バージョンアップを繰り返し、FSSC22000認証取得。

高山ミートセンターのと畜ラインは平成16年に日本初のHACCP(食品衛生管理の「国際標準」)を取得。平成19年にはすべてのラインにおいて、食品安全国際規格ISO22000を取得しました。また平成27年に、ISO22000からさらに食品防御などの安全項目が定義されたFSSC22000の認証を受けています。

FSSC22000認証取得

食品安全方針

  • 1.一次生産段階で発生した食品安全の危害を適切に管理することでフードチェーン内に持ち込まないようにする。
  • 2.顧客の安全要求事項及び法令・規制要求事項を遵守し、常にコミュニケーションをとり、食品安全マネジメントシステムに反映させる。
  • 3.全従業員に食品安全方針を周知させると共にFSMSの目標を設定し、随時見直し・改善を行う。
  • 4.消費者に安心安全な製品を提供するためにFSSC22000に基づいた食品安全システムを構築・維持・見直しすることによって継続的改善を行う。
  • 5.食品安全を実現するために、関連する人々の力量確保に取り組む。
  • 令和3年2月1日
  • 協同組合 南州高山ミートセンター

おいしさと安全のために農場から店頭までの履歴情報を管理 南州農場のトレーサビリティシステム

  • つくる人の顔が見える、供給体制・生産体制の公開
  • 出荷ケースナンバーから、と畜日・出生日までトレース可能
  • 飼料の原料・配合、および投薬プログラムの公開

※生産情報は当ホームページにて常時公開しています。

トレーサビリティシステム
トレーサビリティシステム
  • 流通・小売り
  • 食肉処理
    センター
  • 生産農場

おいしさと安全を貫くための、
南州農場のポリシーが息づく。

と畜ライン

豚を受け入れガス麻酔へ。湯引き、脱毛機の徹底した温度管理により豚毛除去率を100%に近づけ、と体の付着菌を除去します。

  • 1 生体受入
  • 2 生体保管
  • 3 生体検査
  • 4 追い込み
  • 5 ガス麻酔
  • 6 シャックル掛け
  • 7 放血
  • 8 と体予備洗浄
  • 9 蒸気湯引き
  • 10 脱毛
  • 11 フック掛け
  • 12 残毛処理
  • 13 ドライホイップ
  • 14 毛焼き
  • 15 と体洗浄
  • 16 殺菌焼き

5 ガス麻酔

ストレスを最小限に抑え、肉の品質・安全を維持。

従来の電気麻酔処理ではなく、と体にストレスの少ない85%濃度の二酸化炭素によるガス麻酔を行います。と畜時のストレスを最小限に抑え、肉の品質を維持するとともに、フケ肉や骨折、血斑などの発生を減らし、放血作業の安全性も確保します。

ガス麻酔|と畜ライン

14 毛焼き

残毛を焼き払い、菌を徹底除去。清潔なと体へ。

フックをかけられたと体は予備乾燥(ドライホイップ)の後、ガスバーナーの火炎で残毛処理されます。その後と体は自動洗浄され、さらにガスバーナーの火炎を当て体表の付着菌を死滅させます。これにより、と体付着菌の汚染を最小限に抑えています。

毛焼き|と畜ライン

解体ライン

と体を枝肉へ。解体室は陽圧に保ち、ダーティゾーンからの菌の流入を防止。不可食物はエアーバキューム装置で排出し交差汚染を防ぎます。

  • 17 肛門切開
  • 18 胸・腹割
  • 19 枝肉番号印字
  • 20 頭切り落とし
  • 21 内臓摘出
  • 22 背割
  • 23 バキューム
  • 24 腹脂上げ
  • 25 枝肉検査
  • 26 トリミング
  • 27 前足切り
  • 28 ネックトリミング
  • 29 計量
  • 30 格付け・背脂肪測定
  • 31 枝肉洗浄消毒
  • 32 急速冷却
  • 33 枝肉保管

26 トリミング

規格に沿い、余分な部分を取り除く。

解体したと体を枝肉にするため、規格に沿いトリミングしていきます。各部分肉の内面・外面に付着する血液、リンパ腺、余剰脂肪などを取り除き、商品形態をきれいに整え枝肉へ仕上げます。

トリミング|解体ライン

32 急速冷却

素早く冷やし、鮮度と安全性の高い枝肉へ。

枝肉は 24℃に設定された急速冷却室で、約90分のうちに冷却されます。素早く冷却することにより細菌の増殖を防ぎ、ドリップの少ない良質な枝肉に仕上げます。冷蔵庫内の温度をシステム管理し、肉質の保全に徹しています。

急速冷却|解体ライン

カットライン

光触媒環境浄化装置で浄化されたクリーンな空間で枝肉をウデ・肩ロース・ロース・バラ・ヒレ・モモなど部位ごとにカットします。

  • 34 枝肉引き込み
  • 35 前処理
  • 36 三分割
  • 37 脱骨
  • 38 はく皮
  • 39 整形・検品
  • 40 金属探知
  • 41 包装
  • 42 箱詰
  • 43 計量・ラベル貼り
  • 44 梱包
  • 45 製品保管(冷凍・冷蔵)
  • 46 出荷

37 脱骨

熟練の高度な技で、効率良く骨を抜く。

枝肉を部分肉にするため、作業員が部位ごとに分かれ骨を抜いていきます。培われた熟練の技によるスピード作業です。歩留、作業効率の向上と安全を常に意識し作業に取り組んでいます。

脱骨|カットライン

40 金属探知

最終確認で、危険物を徹底排除。

危害を及ぼす可能性のある金属片を検出するため、高感度のダブルコイル方式の金属探知機を導入しています。全量を対象にした金属探知を行い、安全な食肉を提供します。

金属探知|カットライン